GeCS

2021年1月11日

テクノロジーの力を用いて平等で高度な医療社会をつくる、株式会社ジークスのロゴをカチノデで担当しました。

モチーフは十字架とネットワーク。ジークスが目指す、”病院同士をつなげ、ひとつのプラットフォームとして機能する社会”を表しています。十字マークを掲げた各病院はジークスによって繋がり、情報共有しながら医療の発展へ貢献します。その繋がりは拡大し、世界をひとつにします。全てのひとと病院が手を取りあい、繋がり、平等で平和な世界をつくる象徴としてのロゴマークです

ロゴタイプでは発音の特徴と ジークスの信念を表しました。右方向へ文字の開きを作り水平方向への速度を表現しました。セリフは45度線に合わせ、シンボルにみられる斜めのラインとの親和性を高める仕掛けを作りました。

ジークスからの希望で多様に展開可能なロゴマーク、というものがあったのでアプリケーションロゴや新規サービスロゴにも使用できるような”ジークスパーツ”を制作し、組み合わせ次第で無限の形を生み出せるような仕組みを考案しました。

名刺や衣類などの自社ステーショナリー、自社プロダクトに使用できる”ジークスグラフィック”を制作しました。ジークスパーツをテキスタイル的に連続配置しリズムとテクノロジーの広がりを表現しています。

衣類では、ファッション用ロゴの制作も行いました。ロゴマークとロゴタイプのGで構成したものとロゴの周りにテキストを配したものの2パターンを用意しました。生地の色も提案し、グラフィックとの組み合わせで計20種ほどの衣類をデザインさせていただきました。